遠き山を想い


遠き海を想い


遠き親を想う


                 

   いかに 貧しくても

   いかに 苦しくても

   寄り添う 命

   あたたかく

   美しい

















               


            夢の中のあなたは
            やさしい。
            まだ、16歳のあなたのまま

            あなたの笑顔は
            まぶしくて
            
            汚れのない笑顔が
            あふれていた

            夢の中のあなたは
            やさしい
            16歳のまま




            小さな

            小さな

            人の宝

            気づけるように




           そっと とびらを

           あたたかい 人の声が

           聞こえるかもしれぬ

           そっと とびらを 

           あたたかい ひざしが

           舞い込むかもしれぬ



          小石をける

          木っ端をける

          小川を追う


          ランドセル

          セッタ

          破れた靴


          パタパタ、パタパタ


          暖かい冬の日

          田の上に

          天使の声





          春を待つ

          土の中から

          木の枝から

          心の中から




          あなたは太陽

          わたしは月

          あなたがいない時

          少しだけ明るく照らす




          「がんばれ」ということばは

          人を励ますことば

           しかし、時には

          人を傷つけることば

          人を励ますには

           ただ、祈るだけでいい時がある




  次のページへ