古典探訪問題


                                                       トップページに戻る

番号 出題者
おさささん 官子譜より(1) 白先。場所が狭いので簡単でしょうか? 解答例
官子譜(2)白番です。 解答例
官子譜(3)官子譜は「かんずふ」と読むのが慣例になっているようです。白番です。 解答例
今度は、白が生きる問題です。
解答例
これは難しいと思います。
石の下で仕留めますが、どこが石の下になるのかが分かっただけでも凄いと思います。

余詰めがあるかな?
解答例
どこが急所か、、、(白先)
解答例
一平 「隅のヨセの手段を問います。」
解答例
白番。 解答例
辺の目をうばいます。白番。 解答例
10 白の欠点をつく。 解答例
11 中で一眼つくってください。 解答例
12 おさささん
難しい問題ばかりでは嫌になりそうなので、簡単な問題も。
ただし、最後までしっかり読み切りましょう。
解答例
13 これもさほど難しくないかも知れません。
ただし、詰碁としては失題です。つまり初手は1手ではありませんが、本題の目玉となる筋は3手目または5手目にでてきます。
解答例
14
実戦でもありそうな形です。意外と変化が多く奥が深いと思います。
解答例
15
初手は直感でわかるかも知れませんが、そのあとが結構盲点になるかも。
7手目に気付くかどうかのような気がします。
解答例
16 難問の後なので、ちょっと易しそうな問題を。
これも丁寧に最後まで示して下さい。
解答例
17
最後まで読み切りましょう
解答例
18 実戦でもできそうですね。
そして、黒活きと即断するかも。
解答例
19
やはり隅が絡んでややこしいですかね?
解答例
20 実戦でもできそうですね。 解答例
21 これは手ごわいかも知れません。
この黒を無条件で殺して下さい。
早合点せず、最後まであきらめずに読むのがポイントかも?
解答例
22 これは簡単かも知れませんね。 解答例
23 見た瞬間にわかるかも??? 解答例
24 実戦でもできそうな形です。
生きと早合点しているか、または簡単に殺せると思って生かしてしまいそうです。
解答例
25
これも実戦にできそうな感じです。
さて、実戦ならどうだと思っているでしょうね。
例によって、黒の抵抗のほうが気付きにくいかも。

準備手続をしてから急所へ。
解答例
26 詰碁ですから、手になります。と考えると初手はこれ以外にない?でも、その結果は? 解答例
27 駄目づまりを上手く利用するのですが、、、どこの駄目づまりか、見当もつかないかも知れませんね。1手目、3手目で準備して、5手目、7手目が手筋ですが、、、7手目を見ても、「生きてる」と勘違いするかも。 解答例
28 初手はこれしかないですよね?
そのあとはどこかで見た筋の応用です。
解答例
29
多分難問です。
でも実戦に出てきそうなので、覚えてすぐにでも役に立つかも知れない筋なので、挑戦してみましょう。
解答例
30
中央を先手で1眼にできるか、、、
最後まで諦めない気持ちが大事かな?
解答例
31
初手がすべてのような問題です。もちろんその後の確認も大変かも知れませんが、、、
知っていればまずはそこに目が行くと思いますが、知らないとちょっと悩むかも?
解答例
32
黒の粘りと白の追求が見ものかな?
無条件で仕留めて下さい
解答例
33
たまに生きる手を考えてみましょう。
仕上げの1手だけでも問題になるかも、、、
しかしそこに辿りつくのも簡単ではないかも知れません。
解答例
34
この図から、結末の図を想像するのは大変かも知れません。
ひたすら無条件で殺す筋があると信じて探せばゴールできるかも。
解答例