eidogo碁盤の便利な使い方
eidogoショートカットキィー(クロームの場合)

↑・・・初期局面  ↓・・・最終局面  →・・・1手すすむ ←・・・1手もどる(→、←+shift同時で10手)
変化図「A」「B」等が表示されている時、それぞれのキィーでその変化図となります。単に→だと「A」が表示されます。
トップページにもどる

初級問題1〜50

本サイトでの火ダルマさん(当時TAISEN七段)の講座を一平がまとめたものです。

問題問題番号をクリックしてください。
解答解答をクリックしてください。










問 題 解  答
黒先、生き。 解答
黒先、死。 解答
前の問題と同じ・・?いえいえよーく見て下さい。周りの状況が変われば用いる手も変わることがあります。黒先、どうなるでしょうか? 解答
習得しておきたい形です。黒先、どうなるでしょうか。 解答
今度は白の立場でしのぐ問題です。今、黒が前題と同様にオキで攻めてきました。形は同じですが、よく見ると白の外ダメが一つあいています。この違いが結果にどう影響するでしょうか?白先、結果如何?  解答

参考

補足(長崎美人死活講座より)

補足(長崎美人死活講座より)
白1子が黒の石を切断しています。忌々しいE9の白1子を取って下さい。最後まで読みきりましょう。 解答
白石を取って黒石を連絡します。要石を見定めましょう。 解答
上辺の黒3子が取り残されています。白石をとって黒3子を生還させて下さい、という問題ですが、結構難問です。最後まで読み切れれば有段者でしょう。5分考えてみてわからなければ実際にならべてみてもかまいません。 解答
例によって黒石が切断されています。白をとってこのピンチを脱出することができるでしょうか? 解答
10 こういうのを実戦で見逃すと再起不能になる程のダメージをうける・・かも。ノーヒントです。 解答
11 白にかわされないように手順に注意が必要です。 解答
12 この形は辺の一合マスという形、黒先で活きるかどうか、という問題です。 解答
13 黒4子が加わりました。白の包囲網に取り残された一合マスを活きてください。わからなければ一平さんの初級詰碁の「板六」のところをみてみましょう。ヒントになります。 解答
14 外側に味方はいませんが、こんどはハネがあります。じつはハネがあれば黒は単独で活きることができます。黒先、活きてください。 解答
15 ハネがあれば「ハネのあるほうから曲がる」それで辺の一合マスが活きていることはわかりました。しかし実戦は生き物。常にその原則通りとは限らないので、読みの裏づけはかかせません。さて、この黒の形、ハネが利くようですが・・。黒先、無条件で活きてください。 解答
16 隅の黒がどうなるか、結論を示してください。 解答
17 隅の黒がどうなるか、結論を示してください。    解答
18 黒から打ったときの結論を示してください。まず「A」 解答
19 黒から打ったときの結論を示してください。「B」 解答
20 今、右辺を白がハネてきました。黒先でただしくヨセてください。 解答
21 これは、問題ではありません。ヨセ解説です。問題番号をクリックしても碁盤はでません。 ヨセ解説1

ヨセ解説2
22 ヨセにも手筋というものが存在します。石を取ったり、瀕死の石を助けたりといった派手さは無く、1目、2目をジミに稼ぐものですが、やはり触れないわけにはいきません。 黒から白地をヨセて下さい。まず左上、次に右下の順番でヨセます。 解答
23 左上と右下に見覚えのある形がありますね。しかし、今は黒番であることに注意です。盤全体をよ〜く見ましょう。白、黒ともに最善をつくすとどうなりますか? 解答
24 兼ねツギは応用のきく、非常に便利な手筋です。しかし、「切られたらどうするか」という問題が付きまといます。要するに読みの裏づけが欠かせない、ということです。  さて、今上辺を黒がハネツいだ時に白が2の2に受けた、と思って下さい。白は兼ねツイだつもりなのでしょうが・・。キッチリとがめてください。 解答
25 黒先活きです。 解答
26 前問よりスペースは広いですが・・。白先黒死です。 解答
27 レベルアップ。天井が破れました。黒先で活きます。急所の発見がカギです。 解答
28 しばらく連絡と切断の手筋をやっていこうと思います。さて、隅の黒は虫の息ですが・・。連絡の基本手筋です。 解答
29 やはり連絡の基本です。上辺の黒を連絡します。 解答
30 まだまだ基本です。隅の3子を連絡して下さい。 解答
31 毎度のことながら、ちょっとずつ難しくなります。白は全部つながってるような顔をしてますが・・。 解答
32 白の包囲網のほころびを突きます。しっかり読んで、手を下します。 解答
33 白はいかにも薄い。なにかありそうですが・・。どこか切断できるはずです。 解答
34 隅の黒はまるまる取られているようですが・・。右方に連絡できれば上出来でしょう。 解答
35 白から鋭い手筋があります。 解答
36 今、黒がJ11にツケコシ、白がハネて受けた、と思って下さい。この後、黒は白地にどう手をつけたものでしょうか? 解答
37 今度は白の応手を問います。ツケコシに対してどんなに辛い形でも良いので左右を連絡する手を考えて見ましょう。 解答
38 中央の黒6子は2つの断点が見合いで助からないように見えます。連絡する方法はないのでしょうか? 解答
39 連絡と切断シリーズもあと2,3問で終わる予定です。残りはちょっと難しい問題にも挑戦してみましょう。右上隅の黒は眼がありません。手順よく左方に連絡してください。 解答
40 右辺に黒石が取り残されています。左方の3子に連絡できるでしょうか? 手順が大事ですよ!                   解答
41 「連絡と切断」シリーズもこれで最後です。次回からはヨセについてやっていこうと思ってます。
さて、かなり複雑な形ですが上辺の眼の無い石のシノギはあるのでしょうか?活きか、右方に連絡できれば十分です。
解答
42 この形、左下をヨセるのがものすごく大きいですね。今、白がC4に切ってきた、と思って下さい。黒はどう応じますか?白は黒がC5からアテテ1目捨ててくれるもの、と期待しています。
・・・ホントにそうなるとこでしょうか?黒の応手は? 黒がやや固めにひらいていることに注目・・。
解答
43 黒のヒラキがカタイと、白からC4のキリは成立しないことがわかりました。ではこの形、白からはどのようにヨセるのが正しいのでしょうか?先手をとりたいのなら前題のように、キリを入れてシボればよいのですが、「後手でもいいからなるべく得したい」のならどのようにヨセるのがいいでしょうか?また、その手は後手何目ですか? 解答
44 今まで覚えた手筋を集めました。左上は一平さんの詰碁で出てたので使ってみました
(^^)。黒の応手次第でダイナミックな変化もあります。
白先、結果如何?
解答
45 これからしばらく攻め合いの問題を出題します。
まずは基本の確認から。黒4子と白3子の攻め合いに勝ってください。黒先。
解答
46 この図にも攻め合いの原則が潜んでいます。白石をとって黒3子を救出します。黒先。 解答
47 よくでてくる攻め合いの原則を確認しましょう。黒先。 解答
48 前問から1手戻って今、白番です。白はどう打てば攻め合いに勝てますか? 解答
49 黒4子は攻め合いに勝つほか、生還できません。実戦でこういうところを正確に打てるかどうかは勝敗を左右します。黒先。 解答
50 まず前置きから。中デ九九ってご存知ですか?「3三、4五、5八、6十二」というやつで、3目中デなら3手かかる、という意味です。では、この形、白先でどちらが勝ってるでしょうか?実際並べてみれば分かるでしょうが、実戦では並べてみてからでは遅い。手数を数えれば、頭の中で解決できるはずです・・・。
解答