初級問題
(;GM[1]FF[1]SZ[9]NE[W]SS[0,0] AB[ci][di][fi][fh][fg][ee][ef][ff][gf][ge][he][hd][hc][gc][fc][eb][fb] AW[db][dc][de][dd][df][dg][dh][bh][ch][bi][eh][fd][fe][gd] ( ;W[ed]ID[12] ;B[da]ID[13] ;W[ca]ID[14] ;B[ea]ID[15] ;W[cb]ID[16] ;B[ei]ID[17] ) ( ;W[ea]ID[18] ;B[fa]ID[19] ;W[da]ID[20] ;B[ed]ID[21] ;W[ei]ID[22] ) )

しかしこの図を見てください。白が最初に3子をツグとジゴになります。上辺の逆ヨセから打つと、白1目勝ちになります。つまり、この場合は上辺のハネツギから打つのが正しいことになります。      

どちらからうっても同価値のはずなのに、なぜこんな違いが起きるのかというと、一番最後に打つヨセを「ヨセの手止まり」といいますが、手止まりにどちらが回るか、そしてその手止まりの大きさ等の具合によって1、2目程度の差が生じるからです。実戦でも、ヨセの手順によって、上記の慣例に照らせば同価値(のはず)の手を交換していても、手止まりの具合で1,2目程度の差がつくことはあります                                                              

ただこれはホントに微妙な差です。この差で負けたら私なら「ついてないなー」ですませてしまいます。ここでもそこまで突っ込んだ、細かいことは要求しません。第一、私の手に負えないし。 そんなわけで、逆ヨセ、先手ヨセは後手ヨセのだいたい2倍の価値がある、と細かい理屈ぬきに覚えておけば十分だと思います。